福岡藤原塾DVD

 

DVD情報

主催:福岡藤原塾(毎年2,5,8,11月の3か月に1回開催中)


≪DVDメニュー≫

■第1部
「世界と日本で今起こっていること」 (14:30~16:30予定)
・日本や世界の経済・社会情勢を現場の生きた情報をもとに鋭く解説
・今、何が変化をはじめ、近い将来にどういうことが起こりうるのかを予測

■第2部
「一人ひとりの才能を最大限に引き出すリーダーシップの理論と実践」 (16:40~18:00予定)
・今までのマネジメントだけでは、この環境変化を乗り越えられない
・どのようにすれば良いのか、新しい時代のリーダーシップの真髄

■毎回質疑応答がございます。

毎回気付きがございます、よろしければサンプルムービご視聴下さい。

≪DVD内容紹介≫

福岡藤原塾とは、
藤原直哉氏を、講師としてお招きし日本各地で開催されている勉強会です。
現在、越後長岡・仙台・水戸・北関東・東京・厚木・名古屋・京都・大阪・広島・高松(松山)・福岡・熊本の14ヵ所で行われています。

藤原直哉氏は8年前、 このままでは世界の金融の行き着く先が、人間の本来のありようとあまりにもかけ離れるという危惧を感じ、高額の年俸を捨て、ソロモン・ブラザーズを退社します。

藤原氏の危機感のとおりに『エンロン破綻』を一例に具体的な形で次々に姿を顕し始めています。
藤原直哉氏はそういう危機の”ミレニアムハリケーン”をくぐり抜けた先を見すえ、『個人』と『企業』と『企業の外を取り巻く人間社会』と『自然』をも含めた新しい世界のありようを確信を持って熱く語っていきます。
話の内容は、情報です!
数年後に観察致しますと世に現われてきます。

事実な情報なくして戦略は立ちません。
真実な情報なくして行動はできないのです。
打つ手を誤まらないための知恵がここDVDにあります!

 ▼ 2008年より、毎年4回DVDセミナー録画開始!
福岡藤原塾DVD販売ページへ

講師紹介

ふじわらなおや
藤原 直哉

経済アナリスト
シンクタンク藤原事務所会長
1960年 東京都生まれ
1983年 東京大学経済学部卒業。
住友電気工業株式会社入社。
電線ケーブルの海外輸出業務および企画部門に従事。
1985年 経済企画庁経済研究所出向。
世界経済モデルを使ったイタリア、日本および米国の短期経済予測、講造分析 、計量経済分析の信頼性向上のための研究に従事
1987年 ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社入社。
投資戦略調査部で債券・株式の数理分析に従事。特にオプション、スワップなどの金融デリバティブ商品、市場のベンチマークとしてのインデックス、および米国のモーゲージ担保証券に関する広範囲な研究・業務に従事。
現在 シンクタンク藤原事務所所長
独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市でロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。

藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週、リーダーシップ教育のためのレポート「こころざし」を月2回発行している。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。
さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。

このほか以下の職責を兼務している。
・特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム理事
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生

 ▼ 2008年より、毎年4回DVDセミナー録画開始!
福岡藤原塾DVD販売ページへ