福岡でのセミナー撮影・DVD作成なら A-zo株式会社

A-zo株式会社

本メールマガジンをご覧いただき、まことにありがとうございます。
福岡の映像制作会社、A-zo株式会社です。

雪がちらつき、日に日に寒さも厳しくなっていく中
2013年もいよいよ終盤ですね。

今週も「面白い、徳する、役に立つ、感動した」を
キーワードに、A-zoと名刺交換していただいた皆さまや
ご縁がありました皆さまに情報をおとどけいたします。

———————————————————–
>>> L i f e <<<
———————————————————–

「脳は、カーナビと一緒」

こんにちは、A-zo株式会社 曽川直子です。

先日母が転倒してしまい、
股関節を骨折して、人工股関節を
入れることになりました。

年齢も83歳、病気もたくさん抱えています。
血をサラサラするお薬を飲んでいたため
すぐに手術もできず、数日様子を見てから
体力的に心配をかかえて手術を行いました。

なかなか平常心でいるのも辛かったため、
『潜在能力』を引き出す本を読んでいました。
待ち時間に読む何かいい本はないかな~っと、
主人に数冊選んでもらった本の中から、
この本なら気持ちが晴れるでしょうと選んだ本でした。

どんどん内容に引き込まれていき
「なるほど!これはわかりやすい方法だな」と思った記事が
ありましたのでご紹介いたします。

例えば、立派な車に高度な機能のカーナビがついていても
目的地を入力しなければ、カーナビは案内できません。

つまり、達成点を明確に設定しければいけないということです。
目的地がわからないまま漠然と進んでいては、
いつまでたっても欲しいものは手に入りません。

朝礼で、社長が
「富士山に登ろうと思った人の中からしか
富士山の頂上に立つことはできない。
思わない人は永遠に頂上に立つことはない。」と
言っていたのを思い出しました。

私も行きたい目的地を脳に入力し
そこに向かって行くように行動したいと思いました。

多分わたしのことですから
到着するまでいろいろ寄り道をしたり、
道に迷いながらマイペースで行くのでしょうが…

周りの人達とのご縁を大切にしながら
その都度、起動修正していきます。
A-zoも、このような形で
良い作品作りをしていきたいと思っております。

まずは、目的地に向かって出発進行~♪

最後に、
その本を開くと、主人が手作りしてくれたしおりが入っていました。

しおりには、一言のメッセージが書かれていました。

「ポジティプに。泰三」

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました、
曽川 直子がお送りいたしました。

———————————————————–
★Now Check★ 【経営戦略DVD専門店】より ★Now Check★
http://www.business-v.com/
———————————————————–

弊社は福岡藤原塾での講演撮影~DVD制作を行っておりますが
藤原直哉先生の博覧強記な時勢を見抜いた鋭いお話は
混迷した目先の見えない時に己の方向性をしっかり確認できます。

先月開催されました福岡藤原塾のダイジェストを製作いたしましたので
お時間よろしければどうぞご視聴下さい。

【2013年11月8日 福岡藤原塾ダイジェスト】
http://www.youtube.com/watch?v=D_BIGNY3O-s
(音が出ますのでご注意下さい)

経営だけでなく、人生の生き方にも当てはまります。
次に打つ手が見えてきます。

講演全編を収録した福岡藤原塾DVDも取り扱っております。
http://www.business-v.com/ffjuku.html

何かのきっかけや、ヒントになりましたら幸いです。

▼シンクタンク藤原事務所会長 藤原直哉先生
http://www.business-v.com/fukuoka/fujiwara-juku-instructor.html
▼主催者の福岡藤原塾の詳細です。
http://www.business-v.com/fukuoka/fujiwara-juku.html

———————————————————–
>>> スタッフ紹介 <<<
———————————————————–

メールマガジンは、以下のメンバーが担当します。

◆スタッフの高坂です。
「作品は我が子」をモットーに精進の日々です。
気になった事やお客様とのエピソードなど綴っていきたいと思います。
宜しくお願い致します。

◆アシスタントの曽川直子です。
A-zoは、アットホームな雰囲気で仕事をしています。
私の担当する週では日々の気づきなどを紹介していきたいと思います。

◆代表取締役 曽川泰三です。
「面白い、徳する、役に立つ、感動した」を胸にネタ探しを楽しみます。
共に学べると言って頂ける「A-zo Lifeマガジン」を目指します。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。